「いらない」を英語で何て言う?

アメリカのダイナーやレストランでは、
大抵コーヒーを頼むと、おかわりが無料です。

なので、ウェイターさんが定期的にテーブルに回ってきて、
この様に聞いてきます。

★ Would you like some more?
  ⇒ もう一杯いかがですか?、もっと欲しいですか?

それか、もっとカジュアルなところであれば、
「Coffee?」と一言で済ますことも多いです。

返事は「はい」か「いいえ」のどちらかになりますけど、
そのまま「Yes」「No」と一言で済ませてしまうと、
少し冷たい印象を与えます。

 

「はい」の場合

★ Yes, please.
  
⇒ はい、お願いします。(丁寧なイメージです)

★ Yes, thank you.
  ⇒ はい、ありがとうございます。

 

「いいえ」の場合

★ No, thanks / No, thank you.
直訳だと、「いいえ、ありがとう。」ですが、
実際は、Noとthanksの間のコンマ「、」は無いイメージで、
「No thanks」をセットとして使っています。

なので、「Yes,thank you」の時と比べて、余りお礼を言っている意識はありません。

今回の様に「~ほしいですか?」って聞かれてる様な場面に対して
「No, thanks」ですと、意味合い的には「いりません」になります。

ホテルの受付で何か観光ツアーを勧められた場合でも、
「No thanks」といえば、「いいえ、結構です」という意味合いになります。

 

勿論、「No thanks」はおかわりの場面だけではなく、
何かを求められたり、提供されたりするような場面なら
いつでも使えます。

他の例ですと、友達の会話です。

★ Do you want to go to the movies tonight?
  ⇒ 今夜映画見に行く?
☆ No thanks.

ここで「はい」という場合は、
「Yes, please.」ではなく「Yes」とか「Sure」がいいですね。

「Yes, please.」はあくまでも、
接客されている場面で使うような丁寧な言い回しです。

自分の言いたい事を
相手に100%伝えるための英語講座



TOEIC975点のニューヨーカー・ジンから今すぐ使える英語ネタが(ほぼ)毎日届くで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。