【LINE英会話】065. 「マンツーマン」を英語で何て言う?

one-to-one
⇒ 1対1、マンツーマン

今日はなぜこの英語を紹介したかというと、
町中を歩いてると「マンツーマン」と書かれてる英会話教室の広告がもの凄く多いです。

でも、「マンツーマン」ってそもそも和製英語なんですね。

和製英語を英会話教室の広告に使うって…。

和製英語の意味とは別に、「マンツーマン」を使うことはあります。

それは登場人物が自分と相手しかいないときで、意味は「男 対 男」です。

Let’s talk, man to man.
⇒ 男対男で話をしよう。

つまり、俺も男、お前も男、お互いの気持ちは分かるから、
男だけの話をしよう。ということです。

girl to girl (女性)
grown up to grown up(大人)
という使い方もします。

話を戻しまして、誰かと二人っきりでコーチング、レッスンやミーティングしたいときは、
one-to-oneになりますので覚えておきましょう!

マンツーマンを頑張って英語の発音にしても、相手には伝わりません。

 

※スマホより追加して下さい。
※登録されてもユーザ情報やIDはこちらに開示されませんのでご安心ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。