【LINE英会話】021. 『お腹いっぱい』を英語で何て言う?

I’m full.
⇒ お腹いっぱい。

full:いっぱい、完全、限度まで満たされている、全て

色んな意味と使われ方がありますが、
どれも「全て」「満たす」というイメージに繋がりますので、
解読しやすいです。

「I’m full」も直訳すると、「私はいっぱい」「私は満たされている」になりますので、
「お腹がいっぱい」というイメージがしやすいですね。

他にも、車のガソリンメーターを思い出してみて下さい。
gasmeter

片方に「E」、もう片方に「F」と書いてありますよね?

意外と日本人は知らないんですけど、
Eは「Empty(空)」、Fは「Full(いっぱい)」の頭文字です。

針がFを指してる時は、車のガソリンのタンクが満タンということですよね?

そのイメージと結びつけておくと覚えやすいです。

 

他にも使える「お腹いっぱい」の英語表現

I’m stuffed.
⇒ stuffedは『詰まってる』という意味なので、『私は詰まってる』という直訳。
fullと同じで、つまり、限界に達しているというイメージです。

I’ve had enough.
⇒ 十分頂きました。
相手におかわり等を勧められて断る場合。お腹がいっぱいという意思表示になる。

I can’t eat anymore.
⇒ もうこれ以上食べられない。

 

『full』の他の使い方

例文:
Life is full of good things.
⇒ 人生は良いことでいっぱいだ

My glass is full of warm beer.
⇒ 私のグラスはぬるいビールでいっぱいだ(まずそう…)

You’re full of shit!
⇒ おまえは嘘をついてる!(嘘以外にも、相手がくだらないことを言った時にも使う)

直訳すると、「お前はクソでいっぱいだ」(笑)なので、
中身が腐ってて身の無いことでいっぱい、というイメージを持つと覚えやすい。

スラングですけど良く使います。

 

※スマホより追加して下さい。
※登録されてもユーザ情報やIDはこちらに開示されませんのでご安心ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。