【LINE英会話】011. 英語で自分をアピールする

So, did you understand yesterday’s lesson?
(さて、昨日のレッスンは理解できましたか?)

あ、今のも昨日話した基本の流れに当てはまりますよ。

You(主語)understand(動詞)・・・yesterday’s(いつ)lesson(何を)

アメリカ人は自己主張ができるとお話しましたが、
動詞の中でも自分の意志を伝えるために良く使うものを紹介します。

I should:私は~した方がいい
※厳密にいうと動詞ではない。

I want:私~がしたい

I have:私は~しなきゃいけない

I need:私は~する必要がある

動詞を2個並べる時は、必ず2個目の動詞の前に「to」が付きます。
「to eat」「to drink」等のように。

過去形でもない、現在進行形でもない、
ふつーーうな状態の動詞です。

 

例文

★ I should go to school(※shouldが助動詞じゃないからto goじゃなくていい)

★ I want to go to the zoo.

★ I have to walk to the supermarket.

I need to eat dinner.

上記を例に、以下を英文にしてみましょう。

★私は妹に謝った方がいい。

★私は英語を習いたい。

★私はお皿を洗わなきゃいけない。

★私は宿題をやる必要がある。

正解はこちらへ。パスワードは「0000」

※スマホより追加して下さい。
※登録されてもユーザ情報やIDはこちらに開示されませんのでご安心ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。