アメリカでバイク乗る時にヘルメットをかぶる必要はある?

日本に来てびっくりしたことの一つ。

バイクの多さ。

原付であれ単車であれ、
圧倒的に数が多い。

アメリカに住んでる頃は、
周りにバイクを乗っている人なんか一人もいませんでした。

というより、
街中でも滅多に見かけません。

たまーーに見かけると、
友達とテンションが上がり、
「おー!すげー!バイクだー!」
とはしゃいでたのを思い出します。

それだけバイクは一般的ではありません。

よくアメリカというと、
おっちゃん達がハーレーを乗り回して、
道路の王者というイメージが強いですが、
そういう集団も1,2回見た程度ですね。

また、日本との大きな違いは、
ヘルメットの着用が義務付けられていないこと。

正確に言いますと、
州によって法律が違うため、
義務付けられている州とそうでない州に分かれています。

 

アメリカでは一般的なんですが、
州によって法律が結構違ったりします。

車の運転免許を取得できる年齢や
外での喫煙制限や、
今回のヘルメット着用等もそうですね。

要は、一つの国の中で法律が統一されていません。

無理矢理統一をしようものなら、
「自由な国」というスローガンを掲げ、
各州から反対派が結成し、
そりゃーもう、大変なデモになるでしょう。

 

但し、これが正解なのかはどうかは不明ですね。

実際にアメリカのバイクでの事故で亡くなる一番の原因は
ヘルメットを着用していないからです。

義務付けていないため、全て自己責任になります。

 

自由とは、責任を負うこと

この「情報大陸」というサイトで
目指しているのも世界で遊べる日本人を増やすこと。

要するに、自由に好きな生活を送ることです。

ですが、「自由」と聞くと、
人がすぐに連想するのが、
「何もかもから解放され、束縛されずに好き勝手できる」
というような生活です。

freedom

これは半分正しくて、半分勘違いです。

自由になるということは、
お金をいつでも稼げるようになり、
自分の好きなことを追及するために、
好きなように時間を使えるということです。

そして、この自由を得る為には、
自分で責任を負うことが必須です。

自分の全ての選択に対して、
責任を負わなければいけません。

・会社をやめて、起業する。
・家族と海外に引っ越す
・不動産投資をはじめる

自分で自分の人生を背負っているので、
何かミスが起きても、他人のせいにすることはできません。

他者依存マインドの人は、
何か悪い事が起きると、すぐに周りにせいにしようとします。

ですが、そのような考え方では、
到底「自由」に近づくことはできません

自分の選択に責任を持つ。

これが自分の人生をコントロールするための第一歩であり、
一番重要なステップです。

 

僕も友達をバイク事故で亡くしていますが、
彼もヘルメットを被っていれば死にはしなかったでしょう。

だからといって、
義務付けなかった州の責任にするのか?

州に慰謝料を請求するのか?

それは間違いです。

彼は、生前、
「危ないのは分かってるけど、
暑いし、臭いし、被ってない方がかっこいいじゃん」
と言ってました。

自分でリスクを分かっておきながら、
ヘルメットを被らない自由を選び、
自分の選択に最後まで責任を持ちました。

 

責任を負うって考えると、
なんか重い印象がありますが、
そんな事はありません。

ただ単に、自分の人生の主導権を握る
っていうことです。

まずは、何かイラっとした時、
それは「自分の選択によるものだ」って
考えるところから始めるのもいいでしょう。

自分の言いたい事を
相手に100%伝えるための英語講座



TOEIC975点のニューヨーカー・ジンから今すぐ使える英語ネタが(ほぼ)毎日届くで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。