アメリカの結婚式に着る服装は?ご祝儀は?

『サングラスの人が多かった!』

アメリカの結婚式に参加して、
帰国したばかりの友人が僕にそう言いました。

何のことだと思い、
詳しく話を聞いていく内に分かったのが、
今回行った結婚式がどうやら屋外で行われたそうです。

なので、参列している人の3分の1が、
皆サングラスをかけていることに驚いていました。

そもそも屋外でやっていること自体にも、
驚いていました。

 

日本では、多くの場合、
結婚式はちゃんとした屋内の会場で行われるので、
あまり屋外の式に参加したことのある人は少ないでしょう。

アメリカの場合
高い確率で結婚式は外で行われます。

大きい庭付きの家に住んでいるのであれば、そこで行いますし、
そうでなければ、ワイナリーで行うのが主流です。

wedding1 wedding2

挙式もそれなりに時間がかかりますし、
太陽は容赦してくれません。

アメリカ人は元々目の色が明るく、
太陽の光に当たると痛みますので、
結婚式であってもサングラスをかけるのは当たり前のことです。

サングラスをかけていることに
不快感を覚えるような人はいません。
中には帽子をかぶってる人もいます。

日本であれば、
一瞬で「あいつは失礼なやつだな!場をわきまえろ!!」
と思われちゃいそうですね。

アメリカの結婚式の服装についても、
絶対的な決まりというものはありません。

服装に関しては、
頂いた招待状をちゃんと見た方がいいですね。

wedding3

カジュアルフォーマルでOKな式もありますし、
ブラックタイ必須な式もあります。

黒いスーツだと葬儀っぽいので、
それがNGとなっているケースもあります。

カジュアルな結婚式でしたら、
カーキのパンツにシャツを着ても何ら問題ありません。

但し、一つ注意点がありますが、
どんなに新郎新婦と仲が良くて、カジュアルな式だとしても、
ジーンズ・Tシャツは絶対にNGです。

また、ここは日本と同じですが、
新郎新婦より目立つのもNGです。

 

挙式が終わったら、次にレセプションパーティーの始まりです。

多くの場合は、屋内の会場へ移動しますが、
そのまま屋外で行われることもあります。

このタイミングで受付をするのですが、
日本みたいにご祝儀を渡すことはありません。

間違えて日本風のご祝儀袋にお金を入れて渡したら、
受付の方と「なんじゃこれ?!」といった話題で
盛り上がって仲良くなることはできますが、そこまでです(笑)

“Gift registry” もしくは “Wedding List”が、
招待状と同封されて送られてきます。

話を進める前に、
僕は初めてご祝儀のシステムを知った時、
非常にこのシステムが嫌いでした。

お祝いの気持ちで渡すものなのに相場が決まっていたり、
祝儀を結婚式代に充てるから、貰える額を想定して
結婚式場を選んでいるというのも、あまり腑に落ちません。

では、先ほどのGift Registryとはどういう物なのか?

これは、事前に新郎新婦が好きなお店で欲しいものを選び、
それらをリストにしたものです。

wedding4

そのリストを招待客に送り、
招待客はその中から自分の予算に合ったものを選び、
相手に買ってあげるんです。

招待客がお金を払い、
お店が「●●からプレゼント」というカード付きで
新郎新婦の新居に送ります。

こうすることによって、
貰う側はいらないものを貰わずに済むし、
あげる側も自分の予算に合わせて選べますし、
プレゼント選びに悩むこともありません。

 

では、受付が済み、会場に入ったら、
新郎新婦、友人、家族のスピーチが始まります。

スピーチは短く、必ずジョークが入ります。
如何にして笑わせることができるかが勝負、
といっても過言ではありません。

結婚式だけに限らず、
相当深刻なスピーチをしていない限り、
必ず1回ぐらいはジョークを入れてくるものです。

そうすることによって聞いている側との
距離が一気に縮まります。

僕も企業でプレゼンする際は、
無意識にいつもジョークを言っちゃいます。
本当にこれだけで和みます。

 

そして、会場を見渡すと、
まず目に入るのが大きいなスペースです。

この大きなスペースを囲うように
ディナーテーブルが配置されています。

映画でも見かけたことがあると思いますが、
このスペースは、ダンスフロアです。

パーティーのためにDJが手配されており、
スピーチが終わったら、皆踊ります。

本当に陽気ですね。
「祝ってる!」という感じがします。

wedding5

こういう時に一人だけで招待されている人は、
輪に入りにくいと思ってしまうかもしれませんが、
結婚式には新郎新婦が知らなくても、
自分の友人を連れていくことができます。

招待状にも人数を書く欄があります。

最低でも必ずペアで参加しています。

後はもう、時間が来るまで踊って、談話して、
パーティーを楽しむだけですね。

僕の場合、結婚式を日本で挙げましたが、
LAに住んでいる姉を招待した際、
こう聞かれました。

姉:Can I bring two of my friends?
(友達を2人連れて行ってもいい?)

日本スタイルの式を知らない姉に、
どういったものかを説明した後に、
姉は「つまらなそうな式だね」と一言(笑)

確かにアメリカスタイルに比べたら、
何倍も形式が堅いですからね…。

 

大きい視点で見ると、
・お祝いごとを新郎新婦も参列者も皆が楽しめるようにやるか
・それとも形式にこだわってやるか
この違いですね。

僕は断然前者派です。

 

P.S.
日本ではウェディングドレスをレンタルするのが主流ですが、
アメリカではほぼ間違いなくドレスは購入します。

一生に一度のウェディングに他人が着たものを着るのは、
アメリカではあまり考えられません。

これには相場も関係していて、
アメリカでは10万~20万でドレスを買えますが、
日本ではドレスを買おうとすると50万~100万円かかります。

自分の言いたい事を
相手に100%伝えるための英語講座



TOEIC975点のニューヨーカー・ジンから今すぐ使える英語ネタが(ほぼ)毎日届くで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。