「子供の日」を英語でどうやって説明する?

子供の日は、日本独特の祝日なので、
外国人に「どんな日デスカ~?」って聞かれる可能性が高い為、
説明できるようにしておくと良いでしょう。

WIKIで子供の日を調べてみたら、要点としては以下の通り:

・子供の人格を重んじる
・子供の幸福を願う
・子供の成長を願う

そこにプラスして、祝い方を追加するのもいいですね。

・鯉のぼりを飾る
・柏餅を食べる

 

それぞれを英語で表現してみる

・子供の人格を重んじる
★ Value children’s character

人格=personality, character
「personality」は「性格」の意味合いが強いので、
「character」の方が良いですね。

重んじる=value
「value」は他に「価値」という意味がありますが、
「価値を感じる」=「重んじる」という様に捉えれば覚えやすいです。

・子供の幸福を願う
★ Wish for children’s happiness

幸福=happiness
よく「happy」を嬉しさや幸せを表現するために使うのを見ると思います。

実は後ろに(接尾辞)「ness」を加えることで、
形容詞が名詞に変身します。

sad(悲しい) ⇒ sadness(悲しみ)
happy(嬉しい) ⇒ happiness(嬉しさ・幸福)
kind(優しい) ⇒ kindness(優しさ)

・子供の成長を願う
★ Wish for children’s growth

成長=growth
「grow」という単語から来てます。

・鯉のぼりを飾る
★ Decorate flying paper carps called “koi-nobori”.

鯉のぼりという単語はもちろん存在しないので、
色んな単語を組み合わせて無理矢理表現します。

鯉=carp
飛んでる=flying
紙=paper

相手がイメージできるように、見たままを表現します。
そうすると、「鯉のぼり」は「紙で出来た飛んでる鯉」ですよね?

「flying paper carp」になります。

もちろん、この表現には正解・不正解は無く、
相手に伝われば何でもOK!

日本語発音をそのまま伝えてあげることによって、
相手にも「あー、日本語ではそういうのかー」っていうのが伝わります。

飾る=decorate
日本語でよく使われる「デコレーション」もこの言葉からきてます。

・柏餅を食べる
★ Eat rice cakes wrapped in oak leaf called “kashiwa-mochi”.

柏餅という単語が存在しないので、これも見たままで表現しますが、
鯉のぼりと同様、日本語発音を伝えます。

見たまま=「柏の葉に包まれた米でできたもの」

餅=rice cake
お煎餅もrice cakeと表現します。
米でできたお菓子はほぼ全部このように表現します。

柏の葉=oak leaf

包む=wrapped(wrap)

 

英文を作る

Children’s Day is a holiday to value children’s character and to wish for their happiness and growth.

We celebrate this holiday by decorating flying paper carps called “koi-nobori”.

We also eat rice cakes wrapped in oak leaf called “kashiwa-mochi”.

いかがでしょうか?
先ほど説明した文章を全て組み合わせて作った英文になります。

主語を足す事によって一つ一つがちゃんとした文章になります。

そういえばずっとアメリカに住んでいたので、
一度も鯉のぼりを見たり、柏餅を食べた事ありませんでした…。

自分の言いたい事を
相手に100%伝えるための英語講座


TOEIC975点のニューヨーカー・ジンから今すぐ使える英語ネタが(ほぼ)毎日届くで!

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。