「責任」の英語の発音は?

日本人が最も恐れる「責任」。

「責任」を英語で言うと “responsibility” となります。

responsibility1

この単語、よく見ると二つの単語が組み合わさって出来ていますね。

その二つの単語が、
“response” = 反応
“ability” = 能力

反応する能力です。

何か予期せぬ事態が起きた時に、
どのように反応し行動していくかが「責任」として定義されています。

日本人とアメリカ人の責任に対する考え方の違いはこちらの記事で解説しています。

発音のコツですが、
まず、”response” と ”ability” を言えるようにしましょう。

言えるようになったら、間隔を入れずに、
二つの単語を繋げる様に連続で発音すればバッチリです。

 

自分の言いたい事を
相手に100%伝えるための英語講座



TOEIC975点のニューヨーカー・ジンから今すぐ使える英語ネタが(ほぼ)毎日届くで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。