トイレの謎

T君とビリヤードを打ちに行った日のこと。

遊び慣れていないT君を相手に、
僕は無敵状態でした。

T君は既に戦意喪失。

しかし、5試合目あたりから、
急に調子が狂いだしました。

玉を棒で突く度に、
内臓に強い衝撃が走る。

そう、ビリヤード場に行く前の、
大盛りラーメンが自分の胃への攻撃を開始してたんです。

とにかくこのままだと連勝が阻止されてしまうので、
そのビリヤード場の勝手が分からない僕は、
T君にトイレの場所を聞き、すぐに駆け込んだ。

その時です。

世にも奇妙な物語並の驚きです。

『あいつ、俺を騙しやがった…。』
そう思い、ドアを閉め、ビリヤード台に戻りました。

『おい、トイレ無かったぞ。
もう限界なんだ。お願いだから早く教えてくれ。』
額から汗が出ていて、緊急状態の僕は言う。

『いや、今おまえが出てきたところがトイレだけど。』

な、なに・・?

T君はふざけてる様子も無いし、
一切笑ったりもしていないので、
本当のことを言ってるようにしか思えなかった。

よく状況を飲み込めなかった僕は、
T君も一緒にトイレと言われてる場所まで来てもらい、
確認してもらった。

『うん、ここだね。』
また淡々とT君は言う。

な、なに・・?!

 

そう、それはまさに、巷で有名な、
和式トイレというやつだった。

『これ・・・どうやって使う?
座る場所ないやん。』

T君は宇宙人でも見たかのような顔で僕を二度見し、
ため息をつきながら、使い方を説明してくれた。

『な、なるほど。』

まさか座れないトイレがこの世の中に存在していたとは。
かつての古代ローマでさえ座れるスタイルだったのに。

そして、しばらくジャパニーズトイレを見つめ、
今までの自分とトイレとの歴史を振り返り、
ほんの少しだけ勇気を振り絞って挑んだ。

 

数分後。

『おい、T!
俺はもう二度と和式はごめんだ。』

 

筋肉痛になりそうな体勢で
足はつりそうになるは、
肝心のペーパーの位置も悪すぎる。

またもやT君は不思議そうに僕を見つめた。

・・・。

どうやら僕は座る向きを間違えたみたいで、
ペーパーは後ろに腕を伸ばさなければいけなかった。

そして、伸ばしても届かなかった。

たかがトイレであんなに大変な思いをしたのは、
初めてだった。

これで一つ日本人に近づけたかな?

[tagline_box backgroundcolor=”” shadow=”yes” shadowopacity=”0.1″ border=”1px” bordercolor=”” highlightposition=”left” link=”” linktarget=”_self” buttoncolor=”” button=”” title=”” description=”Playing pool is very common in the States.
(ビリヤードで遊ぶのはアメリカでは結構一般的です)

Pool = ビリヤード
プールは他に『賭け事』や『出資』の意味もある

States = アメリカ
United States of Americaの略” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″][/tagline_box]

自分の言いたい事を
相手に100%伝えるための英語講座


TOEIC975点のニューヨーカー・ジンから今すぐ使える英語ネタが(ほぼ)毎日届くで!

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。