アメリカのレストランで気付かずマナー違反していませんか?

「すいませーーん!!」

レストランの向こう側いる客の声が響き渡りました。

何事だ?クレームか?
と思ってみてみると、ウェイトレスとお客は普通にやりとりしてる。

その後も僕が帰るまで、
「すいません」という叫び声はあちこちから
鳴り響いていました。

 

アメリカでは大声は出さない

カフェであれ、バーであれ、レストランであれ、
価格帯に関係無く、アメリカでは店員を呼ぶ時、
大声を出す事はありません。

正直、はじめて日本で店員を大声で呼んでる人を見た時は、
本当に驚きました。

「なんてマナーの知らないやつなんだ」
と心底感じました。

アメリカでは、
大体テーブルの担当というのは決まっています。

何故かと言うと、チップ文化だからですね。

ここからここはAさん、
そこからそこはBさん、
といったように、テーブルの振り分けをしておく事で、
皆が平等にチップを稼ぐチャンスがある様にです。

逆に言ってしまうと、
自分の担当じゃないスタッフを呼んでしまうと、
「ちょっと待っててね。今担当を呼ぶから。」
と言われてしまいます。

この文化に慣れていないと、
「いやいや、折角来たんだから、
お前が注文とれよ」
とイライラしちゃう人もいるようです。

で、肝心なスタッフの呼び方ですが、
下記のいずれかになります。

[tagline_box backgroundcolor=”” shadow=”yes” shadowopacity=”0.1″ border=”1px” bordercolor=”” highlightposition=”left” content_alignment=”left” link=”” linktarget=”_self” button_size=”small” button_shape=”square” button_type=”flat” buttoncolor=”” button=”” title=”” description=”・目が合ったら、ちょっと顎をあげる
・目が合ったら、手を上げる
・自分の近くを通りかかったら「Excuse me」と声をかける
” animation_type=”slide” animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][/tagline_box]

主にこのパターンのどれかになります。

僕もこの習慣は抜けず、
日本にいても、大声でスタッフを呼ぶ事はありませんね。

 

お会計を×で表現しても通じない

よく日本の飲食店で、
遠くにいるスタッフに対して、
×マークを作る人を見かけます。

どうやら、お会計を〆るということで、
〆るを×で表現しているのが由来みたいですね。

初めて日本で居酒屋行った時に、
友人が×マークを作っているのを見て、
僕は思わず聞いてしまいました。

「ねー、何が気に入らなかったの?
なんか駄目だった?」

まー、その時は笑われてしまいましたね。

で、このハンドサインをそのまま海外でやっても
100%通じないので気を付けましょう。

おそらく、僕と同じ様な反応をするスタッフも出てきて、
「Is something wrong?」と聞かれてしまいます。

アメリカでお会計を頼む際は、
2パターンあります。

[tagline_box backgroundcolor=”” shadow=”yes” shadowopacity=”0.1″ border=”1px” bordercolor=”” highlightposition=”left” content_alignment=”left” link=”” linktarget=”_self” button_size=”small” button_shape=”square” button_type=”flat” buttoncolor=”” button=”” title=”” description=”1)
(店員が近くにいる場合)
「Check please」
「Can I get/have the check (please)?」

2)
(店員が遠くにいる場合)
・左手を紙に見立てて、それに右手でサインしているジェスチャー
・手で空中にチェックサインを書く
” animation_type=”flash” animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][/tagline_box]

まー、これを日本で知らずにやったら、
全く通じずに恥ずかしい思いをした事はココだけの話です。

 

他にも細かくはありますが、
僕が見てきた中で最も見るNGな行動だったので、
紹介させて頂きました。

また、国によってはハンドサインも全く違いますので、
気を付ける必要はありますね。

以前、ギリシャに行きタクシーを止めようと
普段通り手を上げたら、
タクシー運転手が僕の前で止まり、
これでもかってくらい睨みつけてきました。

どうやらギリシャでは、
手のひらを相手に見せるのは、
アメリカでいう中指を立てるのと同じ意味だそうです。

gestures

危なった・・・。

自分の言いたい事を
相手に100%伝えるための英語講座



TOEIC975点のニューヨーカー・ジンから今すぐ使える英語ネタが(ほぼ)毎日届くで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ジン

TOEIC975点 元外資系企業マネージャー
日本より海外生活の方が長い、アメリカNY育ち
Japonican(ジャポニカン) = Japan + American

カルチャーギャップに驚き、ホームシックにかかりながらも、日本の文化が面白かったので、新しい生活にトライ。